不全頚髄損傷例へのリーチングロボット vs 促通反復療法

2017年08月5日

不全頚髄損傷例へのリーチングロボット vs 促通反復療法

・ An arm weight-bearing combined with upper-limb reaching ….
 不全頚髄損傷例にリーチングロボット(コンピュータ制御モーター能動免荷+促通機能: 電気・振動刺激; 安川電気)訓練と促通反復療法(肩・肘)を2週間づつ交互に実施し、肩屈曲の拡大はリーチングロボット訓練の期間にあった。訓練中の肩屈曲は促通反復療法が100回/日、リーチングロボットが400-500回/日だった。
(Hoei T, et al: Use of an arm weight-bearing combined with upper-limb reaching apparatus to facilitate motor paralysis recovery in an incomplete spinal cord injury patient: A single case report Journal of Physical Therapy Science 29: 176-180, 2017)