革新的な治療法(促通反復療法+電気刺激+振動刺激: 30分/日・2回/週)で老健利用者の片麻痺が改善

2017年08月5日

革新的な治療法(促通反復療法+電気刺激+振動刺激: 30分/日・2回/週)で老健利用者の片麻痺が改善

慢性期片麻痺へのリハビリテーションは治療への制約が多く、短い時間、かつ低頻度でも麻痺改善が期待できる治療法が求められています。 持続的電気刺激下の促通反復療法と振動刺激痙縮抑制法の併用治療法 (30分/日、2回/週)は、老健利用者への3カ月間の治療で、通常の治療より片麻痺を大きく改善させました。この併用療法が大きな効果を生むのは、(1)振動刺激痙縮抑制法によって神経路の興奮水準の調整 (運動路: 痙縮筋の抑制と拮抗筋の抑制減少、感覚路: 興奮水準が上昇)、(2) 運動閾値の持続的電気刺激と促通反復療法によって、患者が意図した運動と反復が容易になったからと考えられます。 今後、この併用療法の片麻痺リハビリテーションへの普及が待たれます。

(林拓児、他: 通所リハビリテーションに於ける慢性期脳卒中片麻痺上肢への促通反復療法と治療的電気刺激・振動刺激との併用による麻痺改善効果. 理学療法科学 32(1):129-132,2017