お知らせ

2017年02月6日

RFEで回復期病棟のリハ成績と健康QOLが改善: Outcomes of repetitive facilitation exercises in..

回復期病棟で3カ月の促通反復療法(5時間/週)を受けた脳卒中患者468名を対象に、身体機能と心理面の変化を検討した。開始時のmRS 3-5だったが、促通反復療法終了時は全ての評価(mRS; 3.7→2.4、BRS; 上肢3.2→4.2、手指2.4→3.7、下肢3.8→4.5, …. Barthel index54.4→72.8、SF-36; PCS 30.7→41.2、MCS 35.8→41.9)が有意に改善した。促通反復療法を含む治療プログラムはリハビリテーションの治療成績と健康関連の心理的QOLを向上させる単純かつ高度に有効な治療法である。

Matsumoto S, et al : Outcomes of repetitive facilitation exercises in convalescent patients after stroke with impaired health status. Brain Injury 30 (13-14):1722-1730, 2016.