振動刺激が廃用性筋萎縮の回復を促進, 動物実験

2019年06月26日

振動刺激が廃用性筋萎縮の回復を促進, 動物実験

 ネズミの後肢を1週間拘束すると廃用性筋萎縮が生じる。この後肢の足底部にハンドマサッサジャー(90Hz, 15分)を2週間与えると、振動刺激を与えなかったネズミの後肢に比べて長指伸筋とヒラメ筋の廃用性変化の回復が促進された。

(Usuki F, et al: Local Vibration Stimuli Induce Mechanical Stress-Induced Factors and Facilitate Recovery From Immobilization-Induced Oxidative Myo ber Atrophy in Rats. Front. Physiol. 10:759. doi: 10.3389/fphys.2019.00759)