ロボット(AR2) 訓練による片麻痺上肢の機能とリーチングの改善

2020年05月8日

ロボット(AR2) 訓練による片麻痺上肢の機能とリーチングの改善

慢性期片麻痺上肢(6例)にリーチングロボットAR2(安川電機)を用いたリーチング訓練(15分/日, 2W)を追加し、FMAとARATの改善, リーチング運動の軌跡と肘の自動伸展の改善、肩の代償運動の減少が得られた。 
*リーチングロボットAR2(安川電機)は能動免荷と促通機能(電気刺激+振動刺激)を備えた世界で最初のロボットです。

Amano Y, et al: Reaching exercise for chronic paretic upper extremity after stroke using a novel rehabilitation robot with arm‐weight support and concomitant electrical stimulation and vibration: before‐and‐after feasibility trial. BioMed Eng OnLine (2020) 19:28 https://doi.org/10.1186/s12938‐020‐00774‐3