お知らせ

2020年05月30日

促通反復療法 (電気・振動併用) , 重-軽度/急性-慢性期も改善

「理学療法科学」 (印刷中, 10月号に掲載予定) 
       
著者名: 小林 賢祐, 他

題目:脳卒中片麻痺上肢に対する併用促通反復療法(電気・振動刺激併用)の治療開始時期と麻痺重症度と麻痺改善量との関連

要旨: 脳卒中患者211名 (上肢195名,手指202名: 急性期, 回復期, 慢性期)に促通反復療法(持続的電気刺激と振動刺激痙縮抑制法の併用)を実施し, 麻痺の程度(軽症-重症)や病期(急性期-慢性期)とにかかわらず麻痺が改善した.