お知らせ

2021年01月22日

促通反復療法とボツリヌス療法の併用が麻痺の改善を拡大: RCTで証明

ランダム化比較試験: 慢性期の脳卒中片麻痺上肢へのリハビリテーション治療として、促通反復療法単独と促通反復療法とボツリヌス療法の併用療法の効果を比較して、併用療法で麻痺と物品操作能力の改善が増大することを証明した。促通反復療法単独でも有意の改善がありました。

Hokazono A, Etoh S, Jonoshita Y, Kawahira K, Shimodozono M: Combination therapy with Repetitive Facilitative Exercise Program and Botulinum Toxin Type A to improve motor function for the upper-limb spastic paresis in Chronic Stroke: A Randomized Controlled Trial.  Journal of Hand Therapy (In press)