片麻痺下肢へのwhole-body vibrationで脳血流が変化

研修会 2019年09月6日

片麻痺下肢へのwhole-body vibrationで脳血流が変化

脳卒中患者の片麻痺下肢と健常者の下肢に Whole-body vibrationで振動刺激を与え, その前後で足関節背屈時の脳血流の変化を検討した。
片麻痺患者では足関節背屈時に障害半球と健側半球の運動野・感覚野の血流が増加したが、健常者では変化なかった。
片麻痺のリハビリテーション治療でのWBVの併用が治療効果を高めるメカニズム解明につながる可能性がある。詳細は今後の検討が必要である。

Miyara K, et al: Acute changes in cortical activation during active ankle movement after whole-body vibration for spasticity in hemiplegic legs of stroke patients: a functional near-infrared spectroscopy study. Topics in Stroke Rehabilitation, DOI: 10.1080/10749357.2019.1659639