ランダム化比較試験: 促通反復療法とボツリヌス療法の併用が麻痺の改善を拡大

2021年01月23日

ランダム化比較試験: 促通反復療法とボツリヌス療法の併用が麻痺の改善を拡大

ランダム化比較試験: 慢性期片麻痺患者で促通反復療法単独(4W)とボツリヌス療法併用の促通反復療法(4W)の効果(麻痺、物品操作能力)を比較し、促通反復単独でも改善したが、ボツリヌス療法併用の促通反復療法が有意に効果が大きかった。

Hokazono A, Etoh S, Jonoshita Y, Kawahira K, Shimodozono M: Combination therapy with Repetitive Facilitative Exercise Program and Botulinum Toxin Type A to improve motor function for the upper-limb spastic paresis in Chronic Stroke: A Randomized Controlled Trial.  Journal of Hand Therapy (In press)