関連情報 専門職の方へ

  • 研修会  促通反復療法は慢性期片麻痺の痙縮を抑制

    慢性期脳卒中片麻痺患者30名に対して促通反復療法を7回/週・ 4週間実施し, 麻痺肢の15関節運動について痙縮抑制効果(評価: modified ashworth scale)を検討した. 痙縮抑制効果は全ての関節に於いて即時効果と4週間の蓄積効果が認められた.

    和田善行, 他: 慢性期脳卒中片麻痺患者に対する促通反復療法の痙縮減弱効果. 理学療法科学 34(5):569-574,2019

  • 研修会  時代錯誤(?)の課題遂行型訓練にご注意を!!

     促通反復療法が出来るOTが上肢と手指がブルンストロムステージIVの回復期の片麻痺患者に、ROMexと課題遂行課題(物品操作の課題)をしていました。「時代錯誤では?」と指摘して、川平所長が前腕と手指への促通反復療法(各)20回を行うと、訓練課題の物品操作を楽に出来るようになりました。
     手指の随意性と物品操作能力を強力に改善する促通反復療法が出来るOTやPTにとって「賢い機能指向+賢い課題指向」が「患者にやさしく」・「効果的な(効果/治療時間)」リハビリテーション治療が原則です。
     持続的電気刺激下での促通反復療法は更に「患者にやさしく効果的な」リハビリテーション治療となっています。 (川平所長が技術指導している施設での経験)

  • 研修会  第55回 新しい片麻痺への促通手技(川平法)実技講習会 (佐賀) 12月22日 (日)

    促通反復療法の理論と手技、臨床適用を習得できます。
    午前(共通): 講義,基本手技(上肢・下肢・手指・体幹),電気刺激・振動刺激併用法
    午後 (選択):(a)上肢・手指, あるいは (b)下肢・体幹・歩行
     *事前に「片麻痺回復のための運動療法」(医学書院)で予習して下さい。
    主催: 日本促通反復療法研究会
    開催日: 2019年12月22日(日)9:30~16:30
    開催地: 山元記念病院, 佐賀県伊万里市
    講師: 川平 和美
    費用: 20,000円(税・昼食代込み)
    定員:40名 (対象: 作業療法士、理学療法士、医師)
    ※受付中
    ホームページ https://www.gene-llc.jp/secretariat/?id=1544163244-796033

    【懇親会のご案内】
    日時: 実技講習会の前日19:00頃から
    * 川平先生や講師陣と食事をしながら、疑問や悩みを相談
    費用: 4000~5000円ほど

  • 研修会  片麻痺下肢へのwhole-body vibrationで脳血流が変化

    脳卒中患者の片麻痺下肢と健常者の下肢に Whole-body vibrationで振動刺激を与え, その前後で足関節背屈時の脳血流の変化を検討した。
    片麻痺患者では足関節背屈時に障害半球と健側半球の運動野・感覚野の血流が増加したが、健常者では変化なかった。
    片麻痺のリハビリテーション治療でのWBVの併用が治療効果を高めるメカニズム解明につながる可能性がある。詳細は今後の検討が必要である。

    Miyara K, et al: Acute changes in cortical activation during active ankle movement after whole-body vibration for spasticity in hemiplegic legs of stroke patients: a functional near-infrared spectroscopy study. Topics in Stroke Rehabilitation, DOI: 10.1080/10749357.2019.1659639

  • 研修会  促通反復療法の片麻痺上肢への効果をやさしく解説

     促通反復療法の理論と電気・振動・磁気刺激など併用療法を含めた片麻痺への治療効果について、科学的検証の結果を脳卒中の急性期、回復期、慢性期に分けて、分かりやすく解説しています。

    和田善行: 特集 脳卒中患者の上肢に対する理学療法up to date; 脳卒中患者の上肢に対する促通反復療法(川平法)の効果と経過, 理学療法ジャーナル 53 (7): 671-680, 2019

  • 研修会  促通反復療法が出来る日本人PT, OTを求む (中国, 友康)

     創業者の張超(浙江省台州市出身)は2013年に片麻痺を発症、日本の鹿児島大学霧島リハ ビリセンターで川平法に出合い、症状が大きく改善する。 中国で治療院「友康」を開設し、中国人片麻痺患者に川平法を提供している。川平法の普及活動にも取り組む。

    (1) 募集法人名 友康株式会社
    〒675-2324 兵庫県加西市北条町東南90番地
    TEL 0790-42-3540  http://www.yk-health.com
    (2) 募集職種 経験者優遇。
     a) 理学療法士 若干名, 作業療法士 若干名
     b) 川平法を習得する意欲のある人(川平法の熟練者であればより好ましい。)
    (3)応募・問い合わせ先
     メール宛先 yhsch_m@kza.biglobe.ne.jp

  • 研究会 「促通反復療法を実施している施設」としてHP掲載について

    「促通反復療法を実施している施設」として鹿児島大学リハビリテーション医学ならびに促通反復療法研究所のHP掲載について

     上記のHP掲載について問い合わせがありますので、基本的な考え方を説明いたします。
     HP掲載に必要な条件は、患者さんから促通反復療法を受けたいとの希望があった時、その要望に応えられる体制が出来ていること、施設責任者がHP掲載に同意していることです。

     基本的な条件は、以下の (1) あるいは (2) と (3) です。
    (1) 長期研修(霧島リハビリテーションセンター; 1-2週、促通反復療法研究所; 5日)を受けたスタッフ(PT 2名以上, OT 2名以上)がいる。
    (2) 上記の研修を受けたMD, PT, OTがリハスタッフへ促通反復療法を伝達し、多くのスタッフが治療が出来る水準にある。
    (3) 施設の責任者(院長やリハビリテーション部長)がHP掲載に同意している。

    問い合わせ: 促通反復療法研究所 http://kawahira.org → 「問い合わせ」
        

  • 研究会 全国の川平法研究会

    群馬川平法研究会  
    促通反復療法研究会in Saga  
    奈良川平法研究会  
    長崎再生医療とリハビリテーション研究会  
    京都促通反復療法研究会  
    四国川平法研究会  
    千葉川平法研究会  
    かながわ促通反復療法連絡会  
    大阪促通反復療法研究会

    ……