対象となる方

脳卒中による片麻痺(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)
脊髄損傷による四肢麻痺、対麻痺(頸随・胸髄・腰髄の損傷)
の患者さんで、もっと麻痺や歩行の改善を希望される方。

私共は皆さまに強力な治療を提供したいと願っています。

  • 脳梗塞
  • 脳出血
  • くも膜下
  • 脊髄損傷

川平法とは?

麻痺した手や足を操作(促通治療)することで意図した運動(随意運動)を実現し反復することで、それに必要な大脳から脊髄までの神経回路を再建・強化することを目的とした治療法です。

脳科学の研究(NIRS: 脳血流の変化)によって、促通反復療法が脳の可塑性を促進し、効率的に機能回復を進めることが証明されます。

脳卒中片麻痺へのリハビリの変革を科学的に解説・紹介したNHK番組です。

リハビリの内容は?

促通反復療法(川平法)を用いて、セラピストが個別治療を行い、麻痺や歩行、日常生活動作の改善をめざします。治療効果を高めるために、不快ではない程度の電気刺激、振動刺激などを併用します。

指の操作

個々の指の運動の回復を目指した治療です。

前腕の電気刺激下の操作

弱い電気刺激下で促通を行なうと、より効果的な治療となります。

健側立脚を重視した歩行促通法

歩行中に促通刺激を与えて、健側立脚を強化して円滑な歩行を実現します。

電気刺激下の歩行訓練(平行棒内)

臀部や腰部への弱い電気刺激下で歩行促通を行なうと、より効果的な治療となります。

電気刺激と歩行促通法を併用した歩行訓練

電気刺激(両側中殿筋と前脛骨筋)+歩行促通の歩行訓練、平行棒外。

振動刺激痙縮抑制法と電気刺激併用での痙縮抑制

振動刺激を痙縮筋あるいは痙縮筋の収縮を起こす部位に与えて、数分で痙縮を抑制できますから、従来の長いリラクゼーションは不要です。電気刺激を併用すると更に効果的に。治療時間の多くを効果的な治療に当てます。

全身振動用機器(パワープレート)による痙縮抑制と健側強化

両下肢と体幹へ振動刺激を与えると、麻痺肢の痙縮抑制と健側下肢と体幹の運動機能が向上します。

促通機能付きリーチングロボットでの上肢を上方へ挙げる訓練

この革新的なロボットは患者が上肢を上方へ伸ばそうと努力すると、上肢の支えに加えて、電気刺激と振動刺激を用いて、上肢を上方へ伸ばそうとする運動を生じさせる(促通機能)を有します。

料金・時間

27,000円(医療保険は適応されません)
 支払い: 木曜日は現金のみ、他の日はカードと現金での支払いが出来ます。
110分(個別治療60分+実技練習50分)

領収書および交通費の明細書を保管下さい。
確定申告の際に医療費控除が出来ます。

川平和美 プロフィール

鹿児島大学 名誉教授
鹿児島大学大学院 客員研究員
国際医療福祉大学大学院 客員教授
藤田保健衛生大学 客員教授

川平和美
1974 年 鹿児島大学医学部 卒業
1988年 鹿児島大学医学部 リハビリテーション医学講座 助教授
(併任 : 霧島リハビリテーションセンター)
1990年 京都大学霊長類研究所 神経生理部門 留学
1991年 National Institute of Health (NIH) 留学
2005年 鹿児島大学大学院 リハビリテーション医学分野 教授
2013年 定年退職
2016年4月 促通反復療法研究所<川平先端リハラボ> 所長

私は、鹿児島大学の教官(助手、講師、助教授、教授)として、医学生や医師への教育と、脳卒中の片麻痺の新たな治療法や訓練用ロボットの研究と開発を進め、現在、その成果である促通反復療法と新たな電気刺激法や振動刺激法、ロボットを併用する革新的な治療法の実践と研究・開発を進めています。

講習会のご案内

理学療法士・作業療法士・医師向け講習会のご案内

  • 入門講座(実技講習5日間)
    初めて促通反復療法を受講するコース

    中上級講座(実技講習5日間)
    促通反復療法の技術と応用力を高めるコース

    講習内容:
    促通反復療法の理論、手技、臨床への適用法の習得

    ※講座開始まで「片麻痺回復のための運動療法- 促通反復療法「川平法」の理論と実際 第3版(DVD付)」(医学書院)を予習した上で持参ください。

    講習時間:
    9:00~18:00

    受講料:
    5日間 100,000円
    ※受講者は期間中、ナイトセミナーの開催があれば無料で参加可能です。

    詳細はこちら

  • ナイトセミナー

    基礎クラス(火曜日):

    促通反復療法の研修会を初めて受講

    中級・上級クラス(水曜日):

    促通反復療法の研修会受講者(霧島リハセンター研修会・一日研修会)、ナイトセミナー基礎クラスの複数回受講者

    ※講座開始まで「片麻痺回復のための運動療法-促通反復療法「川平法」の理論と実際 第3版(DVD付)」(医学書院)を予習した上で持参ください。

    講習時間:
    18:30~21:00

    受講料:
    1回 8,000円

    詳細はこちら

促通反復療法(川平法)の関連情報

研究会、研修会、講演、学術発表、報道などを掲載します。

一般の方へ
close
専門職の方へ
  • 研修会 パワープレートで脳卒中リハビリを効率化

    パワープレートの脳卒中リハビリでの利点を説明

     脳卒中リハビリテーションで、パワープレートは強力な振動刺激によって痙縮抑制や神経路の興奮水準の調整に有用であることを説明しました。
    詳細は以下の株式会社プロティア・ジャパンのHPを閲覧下さい。
    http://www.power-plate.co.jp/case/facility/f009.html

  • 研修会 川平所長の講演予定: 促通反復療法; 講演とデモ、リーチングロボット(AR2: 安川)を体験

    会場
     大阪: 平成30年6月23日(土) 午後, TKPガーデンシティ東梅田; 梅田セントラルビル
     盛岡市:平成30年7月21日(土) 午後, 岩手産業文化センター
     東京: 平成30年7月28日(土)午後, TKP 田町カンファレンスセンター 東京都港区芝5-29-14
     広島市: 8月25日(土)午後, 会場: TKPガーデンシティ広島駅前大橋 ホール3A 広島市南区京橋1-7 

    内容
    1) 講演: 促通反復療法の理論と効果(電気・振動・磁気刺激・ボツリヌス併用)
    デモ: 受講生が患者役で治療を体験
    川平 和美 促通反復療法研究所

    2) 低周波電気刺激の臨床応用
    青山 浩樹 伊藤超短波株式会社

    3) ロボット体験
    新世代型の促通機能付きロボット(AR2: 安川電気)を体験
    上方へも楽にリーチング: コンピュター制御のモーター能動免荷+電気刺激+振動刺激

close
学術とマスコミ

振動刺激痙縮抑制法(direct application of vibratory stimuli: DAViS)が「アメリカの脳卒中治療ガイドライン」で痙縮への治療として推奨されています。

Guidelines for Adult Stroke Rehabilitation and Recovery(American Heart Association/American Stroke Association)
Winstein CJ, et al: Guidelines for Adult Stroke Rehabilitation and Recovery: A Guideline for Healthcare Professionals From the American Heart Association/American Stroke Association. Stroke. 2016; 47(6):e98-e169.

 小児卒中による重度左片麻痺例(女児, 7才, 小学2年生)が発症後1年から促通反復療法を受け,その後も促通反復療法を含む外来リハビリを継続し(発症後: 1年9カ月→4年5カ月), 麻痺側上肢と手指の改善(上肢BRS: III→V, 手指: II→IV, STEF: 0→6)と学校活動や遊びでの上肢の使用が増えた。促通反復療法が成人片麻痺だけでなく小児においても有効である可能性がある.

萬谷和日子、他: 実践報告, 慢性期片麻痺の上肢に対し促通反復療法が有効だった小児の1例. 作業療法 36 (6): 619-625, 2017

平成29年8月13日, テレビ愛知 「データで解析!サンデージャーナル」:本当に怖い“夏の脳梗塞”あなたは大丈夫!? の中で、促通反復療法が「常識を覆す奇跡のリハビリ法」として紹介された。

慢性期片麻痺へのリハビリテーションは治療への制約が多く、短い時間、かつ低頻度でも麻痺改善が期待できる治療法が求められています。 持続的電気刺激下の促通反復療法と振動刺激痙縮抑制法の併用治療法 (30分/日、2回/週)は、老健利用者への3カ月間の治療で、通常の治療より片麻痺を大きく改善させました。この併用療法が大きな効果を生むのは、(1)振動刺激痙縮抑制法によって神経路の興奮水準の調整 (運動路: 痙縮筋の抑制と拮抗筋の抑制減少、感覚路: 興奮水準が上昇)、(2) 運動閾値の持続的電気刺激と促通反復療法によって、患者が意図した運動と反復が容易になったからと考えられます。 今後、この併用療法の片麻痺リハビリテーションへの普及が待たれます。

(林拓児、他: 通所リハビリテーションに於ける慢性期脳卒中片麻痺上肢への促通反復療法と治療的電気刺激・振動刺激との併用による麻痺改善効果. 理学療法科学 32(1):129-132,2017

不全頚髄損傷例の肩肘の運動(20分)にリーチングロボット(コンピュータ制御モーター能動免荷+促通機能: 持続的電気刺激、機能的振動刺激; 安川電気)訓練と促通反復療法(肩・肘)を2週間づつ交互に実施した。訓練中の肩肘の運動は促通反復療法が200回/日、リーチングロボットが400-500回/日だった。肩肘の機能改善は両期間にあったが、肩屈曲の拡大はリーチングロボット訓練の期間に見られた。

Hoei T, et al: Use of an arm weight-bearing combined with upper-limb reaching apparatus to facilitate motor paralysis recovery in an incomplete spinal cord injury patient: A single case report Journal of Physical Therapy Science 29: 176-180, 2017

促通反復療法のエビデンス(PDF)

close

川平先端リハラボへのお問い合わせ

お問い合わせはお気軽にご連絡ください。
お電話でのお問い合わせは、03-6455-1373まで。
(営業時間 09:00~18:00)

川平先端リハラボ

〒150-0041
東京都渋谷区神南 1-12-10 カルチャーワークス 3F(旧渋谷電力館)

TEL:03-6455-1373(営業時間 09:00~18:00)

※路上パーキング、専用車寄せがあります。 長時間は近くの公共駐車場を利用して下さい。