対象となる方

脳卒中による片麻痺
脊髄損傷による対麻痺や四肢麻痺の患者さんで、
もっと麻痺や歩行の改善を希望される方。

私共は皆さまに強力な治療を提供したいと願っています。

  • 脳梗塞
  • 脳出血
  • くも膜下
  • 脊髄損傷

川平法とは?

麻痺した手や足を治療者が促通操作(川平法)して、患者さんに意図した運動(随意運動)を実現・反復して貰い、その反復で大脳から脊髄までの神経回路を再建・強化する治療法です。

脳科学の研究(NIRS: 脳血流の変化)によって、促通反復療法が脳の可塑性を促進し、効率的に機能回復を進めることが証明されます。

脳卒中片麻痺へのリハビリの変革を科学的に解説・紹介したNHK番組です。

リハビリの内容は?

促通反復療法(川平法)を用いて、セラピストが個別治療を行い、麻痺や歩行、日常生活動作の改善をめざします。治療効果を高めるために、不快ではない程度の電気刺激、振動刺激などを併用します。

指の操作

個々の指の運動の回復を目指した治療です。

前腕の電気刺激下の操作

弱い電気刺激下で促通を行なうと、より効果的な治療となります。

健側立脚を重視した歩行促通法

歩行中に促通刺激を与えて、健側立脚を強化して円滑な歩行を実現します。

短下肢装具型ロボットによる歩行訓練

ロボットは麻痺側下肢に体重が掛かると床を蹴り(足関節の底屈)、振り出す時につま先を上げてくれます(足関節の背屈)。患者さんは楽に健側下肢にしっかリ立ち、麻痺側下肢を振り出すことが出来きるので、歩行が改善します。

電気刺激と歩行促通法を併用した歩行訓練

電気刺激(両側の中殿筋と起立筋)+歩行促通の歩行訓練

“先端的”前腕回内・回外ロボットでの訓練

前腕の回内・回外運動が持続的電気刺激と運動と同期した振動刺激によって、容易に実現・反復できます。これにより麻痺の回復が促進されます。

世界でも最先端の促通機能付きリーチングロボットでの訓練

このロボットはコンピューター制御の上肢の免荷に加えて、患者のリーチングを手助けする促通機能(電気刺激と振動刺激)を加えて、上肢を上方へ伸ばそうとする運動を容易に実現させます。A:ロボットの全体像(二つのスイッチと免荷用ワイヤー)と促通用の電気・振動刺激を示す。B, C: 麻痺側上肢のリーチング(青のスイッチ→黄色のスイッチへ)です。

効果的な振動刺激を用いた激痙縮抑制と健側強化

振動刺激を痙縮筋に与ええば、数分で痙縮を抑制できますから、従来の長いリラクゼーションは不要です。全身振動用機器(パワープレート)で両下肢と体幹へ振動刺激を与えるとによる痙縮抑制と健側強化ができます。

治療の料金と時間

27,000円(医療保険は適応されません)
 支払い: 木曜日は現金のみ、他の日はカードと現金での支払いが出来ます。
110分(個別治療60分+実技練習50分)

領収書および交通費の明細書を保管下さい。
確定申告の際に医療費控除が出来ます。

川平和美 プロフィール

鹿児島大学 名誉教授
鹿児島大学大学院 客員研究員
国際医療福祉大学大学院 客員教授
藤田保健衛生大学 客員教授

川平和美
1974 年 鹿児島大学医学部 卒業
1988年 鹿児島大学医学部 リハビリテーション医学講座 助教授
(併任 : 霧島リハビリテーションセンター)
1990年 京都大学霊長類研究所 神経生理部門 留学
1991年 National Institute of Health (NIH) 留学
2005年 鹿児島大学大学院 リハビリテーション医学分野 教授
2013年 定年退職
2016年4月 促通反復療法研究所<川平先端リハラボ> 所長

私は、鹿児島大学の教官(助手、講師、助教授、教授)として、医学生や医師への教育と、脳卒中の片麻痺の新たな治療法や訓練用ロボットの研究と開発を進め、現在、その成果である促通反復療法と新たな電気刺激法や振動刺激法、ロボットを併用する革新的な治療法の実践と研究・開発を進めています。

講習会のご案内

理学療法士・作業療法士・医師向け講習会のご案内

中国語
  • 入門講座(実技講習5日間)
    初めて促通反復療法を受講するコース

    * 外国人の研修生は5日間の研修だけでなく、2週間(10日)、3週間(15日)の研修も可能です。

    中上級講座(実技講習3~5日間)
    促通反復療法の技術と応用力を高めるコース

    講習内容:
    促通反復療法の理論、手技、臨床への適用法の習得

    講習時間:
    9:00~18:00

    受講料:
    5日間 100,000円
    ※受講者は期間中、ナイトセミナーの開催があれば無料で参加可能です。

    詳細はこちら

  • ナイトセミナー

    基礎クラス(火曜日):

    促通反復療法の研修会を初めて受講

    中級・上級クラス(水曜日):

    促通反復療法の研修会受講者(霧島リハセンター研修会・一日研修会)、ナイトセミナー基礎クラスの複数回受講者

    講習時間:
    18:30~21:00

    受講料:
    1回 8,000円

    詳細はこちら

促通反復療法(川平法)の関連情報

研究会、研修会、講演、学術発表、報道などを掲載します。

一般の方へ
close
専門職の方へ
  • 研修会 時代錯誤(?)の課題遂行型訓練にご注意を!!

     促通反復療法が出来るOTが上肢と手指がブルンストロムステージIVの回復期の片麻痺患者に、ROMexと課題遂行課題(物品操作の課題)をしていました。「時代錯誤では?」と指摘して、川平所長が前腕と手指への促通反復療法(各)20回を行うと、訓練課題の物品操作を楽に出来るようになりました。
     手指の随意性と物品操作能力を強力に改善する促通反復療法が出来るOTやPTにとって「賢い機能指向+賢い課題指向」が「患者にやさしく」・「効果的な(効果/治療時間)」リハビリテーション治療が原則です。
     持続的電気刺激下での促通反復療法は更に「患者にやさしく効果的な」リハビリテーション治療となっています。 (川平所長が技術指導している施設での経験)

  • 研修会 片麻痺下肢へのwhole-body vibrationで脳血流が変化

    脳卒中患者の片麻痺下肢と健常者の下肢に Whole-body vibrationで振動刺激を与え, その前後で足関節背屈時の脳血流の変化を検討した。
    片麻痺患者では足関節背屈時に障害半球と健側半球の運動野・感覚野の血流が増加したが、健常者では変化なかった。
    片麻痺のリハビリテーション治療でのWBVの併用が治療効果を高めるメカニズム解明につながる可能性がある。詳細は今後の検討が必要である。

    Miyara K, et al: Acute changes in cortical activation during active ankle movement after whole-body vibration for spasticity in hemiplegic legs of stroke patients: a functional near-infrared spectroscopy study. Topics in Stroke Rehabilitation, DOI: 10.1080/10749357.2019.1659639

  • 研修会 第55回 新しい片麻痺への促通手技(川平法)実技講習会 (佐賀) 12月22日 (日)

    促通反復療法の理論と手技、臨床適用を習得できます。
    午前(共通): 講義,基本手技(上肢・下肢・手指・体幹),電気刺激・振動刺激併用法
    午後 (選択):(a)上肢・手指, あるいは (b)下肢・体幹・歩行
     *事前に「片麻痺回復のための運動療法, 第3版」(医学書院)で予習して下さい。
    主催: 日本促通反復療法研究会
    開催日: 2019年12月22日(日)9:30~16:30
    開催地: 山元記念病院, 佐賀県伊万里市
    講師: 川平 和美
    費用: 20,000円(税・昼食代込み)
    定員:40名 (対象: 作業療法士、理学療法士、医師)
    ※9月30日(月)9:00より受付開始
    ホームページ https://www.gene-llc.jp/secretariat/?id=1544163244-796033

    【懇親会のご案内】
    日時: 実技講習会の前日19:00頃から
    * 川平先生や講師陣と食事をしながら、疑問や悩みを相談
    費用: 4000~5000円ほど

  • 研修会 促通反復療法の片麻痺上肢への効果をやさしく解説

     促通反復療法の理論と電気・振動・磁気刺激など併用療法を含めた片麻痺への治療効果について、科学的検証の結果を脳卒中の急性期、回復期、慢性期に分けて、分かりやすく解説しています。

    和田善行: 特集 脳卒中患者の上肢に対する理学療法up to date; 脳卒中患者の上肢に対する促通反復療法(川平法)の効果と経過, 理学療法ジャーナル 53 (7): 671-680, 2019

  • 研修会 促通反復療法が出来る日本人PT, OTを求む (中国, 友康)

     創業者の張超(浙江省台州市出身)は2013年に片麻痺を発症、日本の鹿児島大学霧島リハ ビリセンターで川平法に出合い、症状が大きく改善する。 中国で治療院「友康」を開設し、中国人片麻痺患者に川平法を提供している。川平法の普及活動にも取り組む。

    (1) 募集法人名 友康株式会社
    〒675-2324 兵庫県加西市北条町東南90番地
    TEL 0790-42-3540  http://www.yk-health.com
    (2) 募集職種 経験者優遇。
     a) 理学療法士 若干名, 作業療法士 若干名
     b) 川平法を習得する意欲のある人(川平法の熟練者であればより好ましい。)
    (3)応募・問い合わせ先
     メール宛先 yhsch_m@kza.biglobe.ne.jp

  • 研究会 片麻痺上肢へのリハビリテーション治療の基本戦略はニューラルモジュレーションと選択的神経路強化法の併用

    第56回日本リハビリテーション医学回学術集会, 教育講演, 2019年6月14日, 神戸 演者: 川平和美
    要約: 1) 急性期、回復期、慢性期を問わず、促通反復療法は選択的運動路強化療法として有効、 2)基本戦略は選択的神経路強化療法とニューラルモジュレーションの併用。3) 回復期リハビリテーション病棟は片麻痺上肢へのリハビリテーション治療の拡充が必要。

  • 研究会 革新的治療; 片麻痺回復のための運動療法, 第三版, 増刷

    内容を一新し、新たな併用療法と歩行訓練、治療効果のエビデンスを拡充した。
    促通反復療法(Repetitive Facilitative Exercise: RFE): a) 患者の意図した運動を実現・反復して神経路を選択的に再建/強化。b) 個々の手指の運動の回復、 c) 従来の歩行訓練を革新 (麻痺側荷重重視 → 健側立脚重視、歩行中の促通、持続的電気刺激下で歩行)、d) 脳卒中や脊髄損傷、末梢神経障害による麻痺や感覚障害へのリハビリテーション治療を革新。
     促通反復療法は科学的な検証で効果を既に確認。
     ニューラルモヂュレーション(電気刺激や振動刺激、磁気刺激、ボツリヌス療法、促通機能付きロボットなど)との併用療法で効果増大 → 今後のリハビリテーション医療の基盤へ。 川平和美, 下堂薗恵, 野間知一: 片麻痺回復のための運動療法; 促通反復療法「川平法」の理論と実際, 第3版. 増刷, 医学書院, 2月1日, 2019

  • 研究会 「促通反復療法を実施している施設」としてHP掲載について

    「促通反復療法を実施している施設」として鹿児島大学リハビリテーション医学ならびに促通反復療法研究所のHP掲載について  上記のHP掲載について問い合わせがありますので、基本的な考え方を説明いたします。
     HP掲載に必要な条件は、患者さんから促通反復療法を受けたいとの希望があった時、その要望に応えられる体制が出来ていること、施設責任者がHP掲載に同意していることです。  基本的な条件は、以下の (1) あるいは (2) と (3) です。
    (1) 長期研修(霧島リハビリテーションセンター; 1-2週、促通反復療法研究所; 5日)を受けたスタッフ(PT 2名以上, OT 2名以上)がいる。
    (2) 上記の研修を受けたMD, PT, OTがリハスタッフへ促通反復療法を伝達し、多くのスタッフが治療が出来る水準にある。
    (3) 施設の責任者(院長やリハビリテーション部長)がHP掲載に同意している。 問い合わせ: 促通反復療法研究所 http://kawahira.org → 「問い合わせ」
        

  • 研究会 全国の川平法研究会

    群馬川平法研究会  
    促通反復療法研究会in Saga  
    奈良川平法研究会  
    長崎再生医療とリハビリテーション研究会  
    京都促通反復療法研究会  
    四国川平法研究会  
    千葉川平法研究会  
    かながわ促通反復療法連絡会  
    大阪促通反復療法研究会

促通反復療法のエビデンス(PDF)

close
学術とマスコミ

● 促通反復療法の理論と電気・振動・磁気刺激など併用療法を含めて、片麻痺上肢への治療効果について、多くの科学的検証の結果を脳卒中の急性期、回復期、慢性期に分けて、分かりやすく説明しています。

 和田善行: 特集 脳卒中患者の上肢に対する理学療法up to date; 脳卒中患者の上肢に対する促通反復療法(川平法)の効果と経過, 理学療法ジャーナル 53 (7): 671-680, 2019

 

・ ネズミの後肢を1週間拘束すると廃用性筋萎縮が生じる。この後肢の足底部にハンドマサッサジャー(90Hz, 15分)を2週間与えると、振動刺激を与えなかったネズミの後肢に比べて長指伸筋とヒラメ筋の廃用性変化の回復が促進された。

(Usuki F, et al: Local Vibration Stimuli Induce Mechanical Stress-Induced Factors and Facilitate Recovery From Immobilization-Induced Oxidative Myo ber Atrophy in Rats. Front. Physiol. 10:759. doi: 10.3389/fphys.2019.00759)

・ 回復期片麻痺への促通反復療法の効果: MAS、F波、FAM, ARAT
 回復期脳卒中患者を対象に, RFEと通常治療を4週間実施した.RFE群はMASの低下はなかったが、F波の減高とFMA, ARATが改善した。F波の減高とFAMやARATの改善との相関はなかった。通常治療群はF波、FAMやARATの変化が無かった。

(Etoh S, et al: Effects of Repetitive Facilitative Exercise on Spasticity in the Upper Paretic Limb After Subacute Stroke, Journal of Stroke and Cerebrovascular Diseases, 27 (10): 2863-2868, 2018)
 

・ 振動刺激痙縮抑制法(direct application of vibratory stimuli: DAViS)が「アメリカの脳卒中治療ガイドライン」で痙縮への治療として推奨されています。

(Guidelines for Adult Stroke Rehabilitation and Recovery; American Heart Association/American Stroke Association, Winstein CJ, et al: Guidelines for Adult Stroke Rehabilitation and Recovery: A Guideline for Healthcare Professionals From the American Heart Association/American Stroke Association. Stroke. 2016; 47(6):e98-e169.)

・ 革新的治療: 慢性期片麻痺への短時間かつ低頻度でも麻痺改善 
 持続的電気刺激下の促通反復療法と振動刺激痙縮抑制法の併用治療法 (30分/日、2回/週)は、老健利用者への3カ月間の治療で、通常の治療より片麻痺を大きく改善させました。この併用療法が大きな効果を生むのは、(1)振動刺激痙縮抑制法によって神経路の興奮水準の調整 (運動路: 痙縮筋の抑制と拮抗筋の抑制減少、感覚路: 興奮水準が上昇)、(2) 運動閾値の持続的電気刺激と促通反復療法によって、患者が意図した運動と反復が容易になったからと考えられます。 
(林拓児、他: 通所リハビリテーションに於ける慢性期脳卒中片麻痺上肢への促通反復療法と治療的電気刺激・振動刺激との併用による麻痺改善効果. 理学療法科学 32(1):129-132,2017)

促通反復療法のエビデンス(PDF)

close

川平先端リハラボへのお問い合わせ

お問い合わせはお気軽にご連絡ください。
お電話でのお問い合わせは、03-6455-1373まで。
(営業時間 平日 09:00~18:00)

川平先端リハラボ

〒150-0041
東京都渋谷区神南 1-12-10 カルチャーワークス 3F(旧渋谷電力館)

TEL:03-6455-1373(営業時間 平日 09:00~18:00)

※路上パーキング、専用車寄せがあります。 長時間は近くの公共駐車場を御利用ください。